2017年10月7日土曜日

猟友会のライフル・スラッグ練習会

10/7(土)は、朝から猟友会のライフル・スラッグ練習会がありました。
残念なことに、今年も数名の会員が辞め、年々参加者が減っています。



標的交換の時、射座の10m先にロープが張ってありました。
聞けば、今まで撃てなかった空気銃が、今度撃てるようになるそうで、
その工事が始まったとのことでした。


練習会は、お決まりの50m膝射ち・立撃ちを各10発撃てば、その後は
自由練習できます。安い参加費で半日撃てるので、お得です。



帰りがけに射撃場の予定表を見ると、来週あたりから、猟期前練習で
予約が埋まっていました。

2017年10月1日日曜日

Lyman ロータリータンブラー

1ヵ月前に購入したライマンのロータリータンブラーを使ってみました。
写真の一式が同梱されています。大きさが分かるように2Lペットボトルを
置いてみました。結構大きいタンブラーです。

Lyman Cyclone Rotary Tumbler 115V
取説では、ドラムの半分まで薬莢を入れるのが最適な量で、最短1~2時間で
研磨できるそうです。それよりも少ない量だと2~3時間稼働させるとのこと。
308Win薬莢を100本入れてみるとドラム1/4ほどの量です。

308Win 100本入れた状態
(MAXでドラム3/4まで入れられる)
付属のお試し洗浄液は使わずに別売のライマン ターボソニック洗浄液50mlと
付属のステンレススチールピン、ドラムいっぱいの水を入れてフタをします。

ステンレススチールピンを入れた状態
このフタですが、相当きつく閉めないと回転途中で水が漏れ出してきます。
両足でドラムを挟みながら両手で閉めました。

フタはきつく閉めないと振動で緩んでくる
本体にドラムをのせ、タイマー式スイッチ(MAX3時間)を2時間にセットすると、
ゴロゴロと大きな音でドラムが回転を始めました。

2時間後、中身をパンにまけてビックリ。非常に良い仕上がりです。

ドラムの中身を2重パンにまける
ピカピカ
中もピカピカ
プライマーポケットもキレイになりました。

1回撃っただけの薬莢
数回使いまわした薬莢
今までは、超音波洗浄機とコーンメディアのタンブラーを併用していましたが、
ロータリータンブラーは、同時に洗浄と研磨が済むので作業が楽になります。


2017年9月28日木曜日

第3回ビックマッチ大会

24日は、年3回ある最後のビックマッチ大会に参加しました。

朝から良い天気です
エントリーは、ライフルの50mが30名、100mが14名。
スラッグが9名の合計53名です。

自分はライフル100mでのエントリーです。

X-BOLT 308Win
膝撃ち、立撃ち、動的の順で10発づつ撃ちます。

膝撃ち
立撃ち
動的
今回も点数圏外へ数発撃ち込んでしまい、膝81点、立ち47点、
動的41点で合計169点。今シーズンで一番悪い成績でした。

これから始まる猟期前の練習会で、少しでも調子を上げたいと思います。

成績表

2017年9月11日月曜日

秋の市民ライフル・スラッグ射撃大会

10日の日曜日は、市民ライフル・スラッグ射撃大会に参加してきました。
参加者はライフル14名、スラッグ4名の合計18名。全員が猟仲間です。

50m射場を終日借り切って、膝射、立射、動的を各10発撃ちます。

膝射
立射
今回も ブローニングX-BOLT 308Win での参戦。
軽量でストックが滑りにくいデュラタッチ加工が撃ちやすく気に入っています。

でも、今回は立射で弾痕不明を1発撃ってしまいました。
結果は、膝射96点、立射67点、動的67点で合計230点。

成績
参加賞にメロンを頂きました。

糖度17度

このメロン、網目がクッキリと盛り上がっているので美味しそうです。
食べ頃となる今週末が楽しみです。

2017年8月1日火曜日

第2回ビックマッチ大会

30日、今年2回目のビックマッチ大会に参加しました。


エントリーは60名。
ライフルの50m33名・100m13名、スラッグ50mが14名です。


自分は、ライフルの100mにエントリーしました。
膝撃ち、立撃ち、動的の順で10発づつです。


今回は、膝64点、立ち69点、動的44点で合計177点。
膝撃ちがパッとせず、立撃ちより悪い点数でした。

2017年6月11日日曜日

アマ無線のアンテナ新設

自宅の固定局は、屋根に取り付けたディスコーンアンテナを使っていました。

今回、144Mhz帯の感度を上げたかったので、庭に3段のGPアンテナを立てる
工事を知り合いの電気屋さんに依頼しました。

すぐに全長8mのポールが届きましたが、1ヶ月過ぎても工事が始まりません。
別の仕事が片づかないそうで、思い切って自分で工事をする事にしました。

まずは、ホームセンターで部材を調達。庭に穴を掘り、ポールを立ち上げます。

ポールは1mほど埋設します
ポールを3点支柱で仮固定。

支柱はアンテナ取付後に撤去
ポールが倒れないようにコンクリートで根巻(50㎝×50㎝×50㎝)をします。
使った材料は、セメント75kg+砂120kg+砂利120kg+水。手ごねなので3回に
分けて流し込み、固まるまで養生します。

根巻の完成
1週間後、ポールにアンテナを取り付け、ケーブルを部屋まで引き込んで工事終了。
アンテナの先端は地上高13mほど。ロケーションも良いので感度良好です。

ついでにBSアンテナを移設
今年の梅雨は晴れ間が多く、作業がはかどり助かりました。

2017年5月29日月曜日

第1回ビックマッチ大会

28日、毎年3回行われるビックマッチ大会の1回目が開催されました。

エントリーは46名。
ライフルの50m28名・100m10名、スラッグ50mが8名です。

自分は、ライフルの50mと100mにエントリーしました。
膝撃ち、立撃ち、動的の順で10発づつです。

X-BOLT 308Win
動的では珍しく機械トラブルが発生。昨日の雨で回路が結露して動きません。
1時間ほどの応急処置で何とか動くようになりましたが、いつもの瞬発的な
スタートではなく、ノロノロと動きだしてスピードも安定しません。
撃つタイミングが取りづらくて大変でした。

高得点が出なかった動的
閉会式
成績表
撃ち終えてみると、いつもながら低い点数への着弾が目立ちます。
50mが4位、100mが2位でした。

2017年4月4日火曜日

春の市民ライフル・スラッグ射撃大会

今日は長瀞で開催された恒例の市民ライフル・スラッグ射撃大会に参加しました。
参加者は17名。狩猟期間中は大会が無かったので、5ヶ月ぶりの標的射撃です。




今回は、久しぶりにボルト式のブローニングX-BOLT 308Winでの射撃です。

自動銃のBARと比べるとトリガーの引き加減が違うので、試射で勘を取り戻し、
50m先の標的に膝射、立射、動的の順に各10発を撃ち込みました。

膝撃
立射
動的
この射座は、コンクリート床&覆洞式なので、振動や風による体の揺れが
抑えられるので撃ちやすいです。
今回の成績は、膝射96点、立射94点、動的69点で合計259点。
動的で弾痕不明を1発撃ってしまいました。

成績
成績発表
賞品の小玉スイカとメロン
成績順に賞品が選べるので、おいしそうなスイカとメロンを頂きました。

2017年2月28日火曜日

最終回の巻狩り

26日の日曜日、タツ9名、勢子2名で今シーズン最終回となる巻狩りです。

猟場の山は、日陰は雪深く、日の当たる斜面は所々地肌が見えます。

1ラウンド目は、がんくら山です。
モノは雪深い北面を抜けないと予想してタツを配置します。

自分は勢子。山頂まで登ると、ワカンの跡が..前日に人が入っていました。
案の定、モノは留守でタツ解除となりました。

2ラウンド目は、先週、シカが2頭獲れた区長さんの裏山です。
日が高くなるにつれ、雪が溶けて歩くのが大変です。その上、モノの気配なし。
結局、カモシカが居ただけでした。

遅い昼食後、最終回なので3ラウンド目をやる事に。トンネル山です。
朝の見切りでイノシシが沢伝いに移動しながら仕事をしていました。
山へ入っている事を期待して開始です。


しばらく歩き回りましたが、期待に反してモノの気配なし。
残念ながら、これにて今猟期の巻狩りは終わりです。


春からは、射撃シーズンが始まります。
次の猟期に備えて、射撃の腕を磨きたいと思います。

2017年2月21日火曜日

猟期延長戦に突入

今シーズンの猟期は、イノシシとシカが2月末まで延長です。
1回目の延長戦となった19日は、タツ14名、勢子4名での巻狩りです。

1ラウンド目は、おてんこ山です。
開始直前まで雪が降っていたので見切りなし。この山をやるのは久しぶりなので、
モノが入っていると期待しましたが、起きたのはカモシカでした。

昼食後の2ラウンド目は、区長さんの裏山です。

勢子に入り始めてすぐ、モノが起きたようでガサガサと音がします。
笹藪が邪魔でモノが何か見えません。急いで音のした方へ向かうと、
すぐ下のタツマから10頭くらいのシカが出てきたとの無線が。

その直後、5発の銃声。
隣のタツマが矢を掛けて、2,3頭のシカが止まったとのこと。
残りを追いますが、うまい具合にタツマとタツマの間を抜けられてしまいました。

(画像を加工しています)
猟果は、メスジカ2頭でした。
延長戦も後1回。猟果に恵まれ、ケガや事故の無いよう終猟を迎えたいと思います。

2017年2月6日月曜日

アルミわかん OX-012

巻き狩りの勢子をやっていると、雪上を歩くのに苦労します。
足が雪に埋もれると余計に体力を消耗するので、かさばらず、素早く着脱できる
わかんを探していたら、ラチェット式ベルトのわかんを見つけたので早速購入。

オクトス ラチェット式アルミわかん OX-012
モンベル テナヤブーツ(26.5cm)に装着
ベルトは、赤いヒモを引くと締まり
隣の解放レバーを引き上げると外せる
アイゼンなどとの併用は、底のデッキベルトが傷むので止めた方が良いでしょう。
以外と両脇の爪が滑り止めになります。


ベルトや留め具は、品質も良く、丈夫に出来ています。



重量は、片足だけで530g。
わかんの中では重い方ですが、機能性と強度を考えると妥当な重さだと思います。

古い雪の上に新雪が20㎝ほど積もった場所で、わかんを履いてみました。
新雪はパウダースノーでサラサラしています。

わかんを履かないとズブッと膝下まで足が沈みますが、


わかんを履くと、この程度の沈みです。

雪質によっては、もっと沈みます
 靴底は、こんな感じ。


やはり、わかんを履いた方が早く歩けるし、足への負担も軽減されます。

数時間履いていてもベルトが緩むことはありませんでした。
全体的に良くできた製品だと思います。

また、壊れてもパーツ単位で購入が可能なのでアフター面でも安心です。


メーカーの通販サイトでアウトレット品を販売しています。
一回使えばキズは付くので、アウトレット品で十分でしょう。