2015年11月23日月曜日

連日の大物猟

22日は21人でクマ猟です。

作戦会議
17人のタツマで一山を囲い、自分を含め4人の勢子が追い立てます。

熊の糞(どんぐり)
しばらく登ると数匹の新しい足跡がタツマに向いています。動き始めている
ようです。昼前に無線で1頭止まったとの連絡が入りましたが、残りは抜けて
しまいました。でも、クマで初日が飾れて良かったですね。

40~50kg
熊タンは最高でした

本日、勤労感謝の日は10人集合しました。

1ラウンド目、見切りでイノシシ親子の入りがある山をやります。
勢子長と2人で追い立て、シカが起きましたが抜けられました。
イノシシ親子はボサに逃げ込んだようで、深追いせずに終了です。

2ラウンド目、昨シーズンにクマを獲った山です。
勢子長と2人で山頂まで登りますが、モノの足跡はありません。
山頂で二手に分かれ下り始めてすぐ、勢子長からモノが起きたとの無線が。

しばらくすると銃声が1発、間をおいて2発。2人がオスジカにかけましたが
抜けられたようです。
しかし、タツ解除後に確認すると血を引いて逃げています。

血を引いています
跡をたどるとモノは倒れていました。

大きなオスジカ
解禁日は坊主でしたが、2日連続で獲れて一安心です。
次回も頑張っていきましょう。

2015年11月16日月曜日

狩猟解禁

15日の解禁日は、雨模様にもかかわらず21名が集合しました。

TV局が取材にきました
1ラウンド目は、昨年の解禁日に熊を捕った山をやります。
雨降りなので見切りは無し。集合時間から遅れること2時間、雨が止んだのを
見計らって各自タツマに向かいます。

霧が晴れるまで待機
自分も含め勢子は3名。
意気揚々と山に入りましたが、一向にモノの気配がありません。
伐採の影響でしょうか?寝屋もありません。期待に反し、1ラウンドは坊主でした。

昼食後、2ラウンド目です。見切りでシカが入っている高い山をやります。
ラウンド中盤、2発の銃声。オスジカが2頭出ましたが、抜けられてしまいました。
その後、モノは出ず終了となりました。

熊が秋口辺りにつけた爪痕
この山には、クマ・イノシシの新しい足跡もありました。次に期待しましょう。

2015年10月25日日曜日

猟期前練習会

24日、猟グループの猟期前練習に長瀞へ行ってきました。
参加者は18名。

50m射場を貸し切っての練習

今回は、猟で使う銃で練習します。
自分は今年もBrowning BAR 308Win、スコープはLeupold VX-R(倍率1.25-4)、
弾はシェラ150gr.SBT #2125、IMR4046 42.5gr. の組み合わせです。

1時間ほど自由練習の後に、膝・立ち・動的の10発撃ち練習をしました。
これで猟に向けたライフルの調整は終わりです。


25日は、家族と長野方面へ紅葉狩り。
途中、狩猟の神様が祀られている諏訪大社に立ち寄り、猟グループに
事故・ケガなく、豊猟となるよう、今猟期の祈願をしてきました。

上社本宮
鹿食免(かじきめん)

今猟期も安全第一で事故・ケガの無いように頑張りたいと思います。

2015年9月27日日曜日

第3回ビックマッチ

今年最後となるビックマッチ、雨にもかかわらず43名の参加がありました。

開会式
自分は、この夏に許可の下りた「Browning X-Bolt Stalker 308Win」で50mに
エントリーです。
このライフル、カーボン調のストック、バレルは22インチ、冷却・軽量のため
8本のフルートが切ってあります。重量は2.86kg(スコープなし)と軽量。
ストーカーだけあって勢子向きですね。

X-Bolt Stalker Carbon Fiber Fluted
種目別にスラッグ3名、ライフル50mが31名、100mが12名がエントリー。
いつもの顔ぶればかりで、膝撃ち、立ち撃ち、動的が順調に進行します。


午後なると晴れ間がのぞき、汗ばむ陽気になりました。

表彰式
終わってみると自分の成績は、膝90点・立ち79点・動的55点の224点。
今年のビックマッチでは、一番良い成績で締めくくることが出来ました。

成績表
ビックマッチが終わると、猟期に向けての練習会が始まります。
今回の賞品と参加賞はクレーのラウンド券だったので、練習に活用すると
しましょう。

2015年9月11日金曜日

Browning X-Bolt Stalker

申請していたライフルの許可がおりました。

今度のライフルは、Browning X-Bolt Stalker Carbon Fiber Fluted (308Win)、
カーボン模様のストックが特徴です。

バレルは22インチ、冷却・軽量のため8本のフルートが切ってあります。
スコープなしの重量は2.86kgと軽量です。

X-Bolt Stalker Carbon Fiber Fluted
引き金の重さは約1.3~2.3kgで調整可能
着脱式の4発弾倉は軽量ポリマー製

とりあえずスコープはM700にのせていたBushnell (683g)にしたので、
重量は3.6kgほどになりました。軽いスコープに載せ替えたいですね

Bushnell ET4305 4.5-30x 50mm
Leupold Mark4 Ring 30mm Medium(Aluminum)
Warne 2 Pc Steel Base
 このライフル、日本のミロクが製造元。
ストックは、雨に濡れても手が滑りにくいデュラタッチと言う粘着性の
コーティングがされています。


MADE IN JAPAN/MIROKU の刻印

インフレックスリコイルパッドと言われる反動吸収パッドは、素材が柔らかく
できています。



先日、初撃ちに行ってきました。
やはり、軽量なボルト式だけあって銃身の跳ね上がりが大きいですね。
パットの出来は優れもので、衝撃が吸収されるのが肩で感じ取れます。



今回の弾は、Sierra 150gr. SBT #2125+IMR4064 41gr.

ミロクのライフルは、50m3発が1cm以内に中らないと出荷しないそうです。
スコープ合わせの50m委託5発では、予想以上にまとまって満足な結果です



スコープ調整の後は、立ちと膝撃ちを10発づつ撃ってみました。

立ち撃ち (50m)
膝撃ち (50m)
9月の大会は、これで出場しようと思います。

2015年8月30日日曜日

March-FX 5-40x56 FFP

6月の出来事です。
以前から欲しかったマーチ製ライフルスコープの購入を決断しましたが、
どのモデルにするか悩みました。ここはひとつ、実物を見て決めようと
製造メーカーのディオン光学技研さんへ行ってきました。

諏訪湖から車で20分ほどの距離
事前にアポを取れば個人訪問OK。
取り扱っている全てのスコープを手に取って見ることができ、担当の方から
商品説明やアドバイスが受けられます。当然、その場で注文することも出来ます。

ショールーム
数あるモデルの中から選んだのは、レチクル目盛りが像と一緒にズームされる
「March-FX 5-40x56 FFP」。
注文して待つこと2ヶ月、この度、納品となりました。

落ち着いた風合いのケース
このモデルはフードとフリップキャップが標準装備
片方にはラッピングツールが入っていました
注文時に依頼すれば、無料貸し出しのラッピングツールを一緒に送ってくれます。
(コンパウンドは自分で用意、返送料は自己負担)

34mm径の貸し出しは助かります
早速、Bushnell から載せ替えてみました。
対物56mm、チューブ径34mm、重量890gのスコープは重厚感があります。

1クリック0.05MIL(100m:5mm)にしたので、かなり細かな調整が可能です。
単位がmmなので、イメージが付きやすいですね。

March D40V56FML
タクティカルダイヤル
1クリック0.05MILタイプをチョイス
 Leupold Mark4 Mount & Ring(34mm High)

レチクルのズームがどう変化するか100m先の標的を見てみます。
性能の悪いカメラで撮ったのでピントが合っていませんが、実際は明るく鮮明に
標的を見ることができ、レンズは申し分ない解像度です。

x5 (100m)
x10 (100m)
x20 (100m)
x30 (100m)
x40 (100m)

レチクルと言えば、自分はイルミタイプにしませんでした。
イルミタイプはレクチルにLEDの反射塗料を塗るので、その分、レチクルの鮮明度が
落ちるそうです。夕暮れや暗い場所の標的を狙うことはないので、レチクルの鮮明度を
優先しました。

ダイヤルなどの稼働部は、パーツをただ組み立てるのではなく、熟練工が手作業で
擦り合わせを研磨調整しながら組み立てるそうです。

実際に使ってみると、クオリティの高さに驚きます。
国内外のシューターに評価される理由が分かりました。

2015年7月20日月曜日

真夏日のビックマッチ

ビックマッチ射撃会に行ってきました。

ここのところ忙しく、大会用の弾を作る暇がありません。
土曜日に作ろうと思っていたら、急遽、有害駆除の招集で作れませんでした。
BAR用の弾が残っていたので、今回はBARでの参加となりました。

参加はスラッグ5名、ライフル29名の34名。自分は100mにエントリーです。

開会式

朝の日差しは、日中の暑さを予想させます。

撃ち終えた人が標的交換

昼近くになると風も止み、気温はグングン上昇。
自分は射撃長で、後ろから射手を見ていましたが、皆さん撃つペースが
早かったですね。

タオルが手放せません

大会は、午後1時過ぎに無事終了。

成績表

初めてBARで100mに参加しましたが、予想以上に中てることが出来ました。
次回は、新たに手に入れるライフルで参加したいと思います。

2015年5月31日日曜日

ビックマッチ射撃会

今年1回目のビックマッチ射撃大会に参加してきました。

エントリーはライフルの50mが24名、100mが11名、スラッグ50mが
7名、計42名です。膝射、立射、動的を各10発の合計点で順位を競います。

射撃中
動的は2人撃ち

自分はライフル50mにM700で参加。お手伝いで射撃長をやったので、
射撃仲間とゆっくり話をする間もない一日でした。

2射群目の5的での射撃となり、結果は膝射91点、立射72点、動的47点の
合計210点。今回は立射で1点、動的で0点を撃ってしまいました。

痛い
閉会式
成績

次回7月20日のビックマッチには、100mでエントリーできるように
練習してみます。