2018年11月6日火曜日

Browning X-Boltのトリガー交換

Timneyから、Browning X-Bolt用のトリガーが販売されていました。
3万円弱の投資となりますが、ネット上の評価が高かったので早速購入です。

Timney Triggers #603 Browning X-Bolt

トリガープルの範囲は、最初から付いていた純正品が約1.4kg~2.3kgなのに対し、
Timneyは約0.7kg~1.8kgと軽めに設定できます。

予想通りですが、Timneyに交換した機関部は、すんなりストックに収まりません。
トリガーのピンがストックと干渉していたので、ストック側の当たる個所を削りました。

赤丸のピンとストックと干渉する
交換した結果は
・トリガーを引いた時のキレ味は純正品と大差ない
・プルゲージで測定したブレ幅は±60gほど
・ボルトロック解除ボタンが使えなくなる

キレ味は、シアーエンゲージメントの調整で変わるかもしれませんが、
マニュアルに「工場で設定されているので調整する必要はない」とあるのと、
クオリティからして、さほど期待できそうにないので調整しません。

ボルトロック解除ボタンと連動する赤丸のピンがTimneyには無い
(上段:純正 下段:Timney)
トリガーの色がゴールドからブラックとなり、落ち着いた感じになりました。

(上段:純正 下段:Timney)
トリガーガードを外さないとプル調整できない
個人的な評価として、
トリガープルを1.4kg以上で使うなら、交換するメリットは無いと思います。
キレ味の良さを期待していただけに、ちょっと残念な結果でした。

2018年10月6日土曜日

ライフルの猟期前練習会

今日は、猟友会の猟期前練習会に参加して来ました。

猟期が近づいてた週末の射場は混み合うのですが、さほど混んでいません。
今年は会員が5名も退会したので、こちらの猟友会の参加者も9名と年々減る一方です。
気が付けば、9名の中で自分が最年少です。先が思いやられます。


今回はライフルばかりでスラッグを撃つ人は居ませんでした。
自由練習の後に、50m膝撃ち10発、立射ち10発で点を採りました。
久しぶりの的撃ちでしたが、膝撃ち88点、立射ち82点とまずまずの結果でした。



月末は、クレーの練習会です。猟期が近づいてきた実感が湧いてきます。

2018年2月5日月曜日

イノシシにしてやられたが猟果続き

2月4日の巻猟は、タツ11名、勢子3名が参加しました。

1ラウンド目、イノシシの入り足がある「おてんこ山」です。


早々、1頭のメスジカがタツマにかかりました。
入り足のイノシシは出ていましたが、別のイノシシが山中を逃げ回っています。
勢子が追えどタツマにかからず、やむなく時間切れでタツ解除です。

当のイノシシは、タツが居なくなった直後に抜けて行きました。してやられました。

2ラウンド目、隣の場所をやりましたが空でした。


今回の猟果は、メスジカ1頭。抜けたイノシシは大物だけあって残念でした。


猟場は、最近になってモノの出入りが激しくなり、次回も猟果が期待できそうです。